BT Vision / The Place To Be

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

イギリスの通信グループである、BTが運営している BT Visionというサイトを紹介するアニメーション。テキストや文章だけで、物の姿形を描くのがちょっとした流行だったりするのだが、ついにアニメーションでそれを表現する強者が現れた。といっても、デジタル編集を理解している人間にとって、アニメーションの構造は、それほど難しいものではない(手間がかかるだろうけど...)。ちなみに、アニメーションに登場するテキストは、BT Visionで紹介されている番組のタイトルだそうである。

アニメーションを制作したのは、イギリスのロンドンで活躍している No Hype Hereという会社。モーション・アニメーションを得意としているようで、数々のアニメーションを制作しています。

BT Vision ▶
NO HYPE HERE ▶

BT Vision / The Place To Beの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

All Time Low "For Baltimore"Nihonbashi Koukashita R KeikakuOf Monsters and Men - Little TalksHIDETAKE TAKAYAMA 「Express feat. Silla (múm) 」 Music Video

ミュージックビデオ系
アニメーション4選

ミュージックビデオ系アニメーションは、おもしろい作品が生まれやすい分野になりつつあります。現在、音楽業界は世界的に利益が出なくなっているので、楽曲を安く広く宣伝する必要に迫られています。おもしろいミュージックビデオを制作して、YouTubeなどで公開して、世界でファンを増やそうという気運が高まっています。