DRAWNIMAL

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

AppleのiOS向けに開発されたもので、紙の上にiPadやiPhoneを乗せて、画面に現れた動作に合わせて、紙に絵を描いて画面をタップすると、動物の顔が現れて動き出すという、DRAWNIMALというアプリを紹介するために制作された、Drawing&Motionアニメーション。DRAWNIMALは、子供向けのアプリだそうで、画面の中の世界だけでなく、外の世界を組み合わせて遊ぶところがおもしろい。

動物の名称の頭文字となるアルファベットが表示されているところを見ると、単なる娯楽ではなく教育とアートをつなげる目的もあるのかもしれない。ちなみに、アニメーションに登場するトトロみたいな動物は、調べてみるとネコだそうで、アプリでは他に、クマ、ペンギン、フクロウ、ゾウ、ウサギ、ライオン、アザラシなどの動物が描けるそうです。

アニメーションを制作したのは、フィンランド(Finland)のヘルシンキで活動している、Lucas Zanottoという男性。独自のアイディアを発揮したMotionアニメーションの制作を得意としているようで、このアプリのコンセプト&デザイン&アニメーションも手がけているそうです。

DRAWNIMAL ▶
Site of Lucas Zanotto ▶

DRAWNIMALの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

Bendito Machine IV - Fuel the MachinesHINODEHide & SeekThe Caketrope of BURTON's TeamPeter Clark CollageThe Loner

アート&デザイン系
アニメーション6選

アニメーションというのは制作するのに大変な労力がかかるので、数年前まではアートやデザインの表現として、あまり適していなかった。ところが、デジタル技術の進歩や技術者とのコラボレーションによって、アートやデザインの表現としてアニメーションが作られるようになっている。ますます注目される分野になるだろう。