Ending Overfishing

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

ユーロ諸国が集まって、魚の乱獲について話し合っている OCEAN2012にあわせて作られたアニメーション。世界の魚が直面している問題を、アニメーションとナレーションで描いていて、英語がわからなくても問題の大きさがわかってくる説得力。アニメーションで公開されているデータが、どこまで正しくて、物事の真実を照らしているかは不明だが、アニメーションの持っている威力の強さに改めて驚いた!

アニメーションの制作で中心となったのは、ドイツのハレで活躍している Uli Henrik Streckenbachという男性。UHS.という会社を運営しながら、フリーランスで仕事をしていて、3DCGからイラストまで幅広く制作しているようです。

OCEAN2012 ▶
uhs. ▶

Ending Overfishingの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

Bendito Machine IV - Fuel the MachinesHINODEHide & SeekThe Caketrope of BURTON's TeamPeter Clark CollageThe Loner

アート&デザイン系
アニメーション6選

アニメーションというのは制作するのに大変な労力がかかるので、数年前まではアートやデザインの表現として、あまり適していなかった。ところが、デジタル技術の進歩や技術者とのコラボレーションによって、アートやデザインの表現としてアニメーションが作られるようになっている。ますます注目される分野になるだろう。