Fable

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

タイトルの"Fable"とは、寓話とか伝説という意味で、この手書きアニメーションの本質を表現している。最初に見た時は、絵や質感はすばらしいけれど、内容が意味不明とか思っていたけど、2度3度と見ているうちに、キャラクター同士のつながりが理解できてくるからおもしろい。必ずしも意味の通った物語ではないかもしれないけれど、心に残る内容だと思う。7分近くあるアニメーションなので、難しいかもしれないけど、心に引っかかった人はぜひ2度目見てほしい。

アニメーションを制作したのは、アメリカのプロビデンスで活躍している Daniel Sousaという男性。今回の作品は2005年のもので、現在新しいアニメーションが完成間近のようです。

Daniel Sousa ▶

Fableの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

EA Alice 'The Madness Returns' Trilogy : Shy The SunROSAPerihelionMURDER

バイオレンス系
アニメーション4

バイオレンスというのは、映画やゲームなどで普通に描かれている要素で、人間が奥底に抱えている動物的な本能なのかもしれません。血があふれたり人が死んだりという表現が苦手な人もいるかもしれませんが、バイオレンス表現の向こうには描きたいテーマがあるわけで、バイオレンスとテーマの関係を理解することが重要です。