Fänger

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

輪廻というのは、1つの命が生死を何度も繰り返していくという考え方で、アジアでは広く信じられている。最初にこのアニメーションを見た時は、1人の老人が子供の幻影を追いかけて野原を駆け回るだけの3DCGアニメーションだと思っていたが、テーマとして描いているの生命の輪廻。

カクカクしたキャラクターや造形は、3DCGの作業やコストを軽減するのと同時に、独特の硬質な世界観を作りだしている。無数の植物が風でざわざわしたりするところなど、野原の表現は、個人での3DCG制作としてはかなり良くできている。

アニメーションを制作したのは、ドイツで活動している、Fabian Koppenhöferという男性。アニメーションの制作には、Cinema 4D(MAXON Computer社)、After Effects(Adobe社)、Element 3D(Video Copilot社)を使用したとのこと。また、キャラクターや世界観は,同じくドイツで活動している、Markus Färberというアーティストが担当しています。

Fabian Koppenhöfer ▶
holob ▶

Fängerの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

Bendito Machine IV - Fuel the MachinesHINODEHide & SeekThe Caketrope of BURTON's TeamPeter Clark CollageThe Loner

アート&デザイン系
アニメーション6選

アニメーションというのは制作するのに大変な労力がかかるので、数年前まではアートやデザインの表現として、あまり適していなかった。ところが、デジタル技術の進歩や技術者とのコラボレーションによって、アートやデザインの表現としてアニメーションが作られるようになっている。ますます注目される分野になるだろう。