"I Like To PLay"

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

海外と日本のアニメーションを比べた場合、表現や世界観の違いはあるにしても、キャラクターなどの動きが大きく違っていて、海外の優れたクリエイターは、日本のアニメーションは動きがダメダメだとはっきり認識している。というわけで、どういうのがアニメーションとして優れた動きなのか、見た瞬間になるほど!と理解できるアニメーションを発見したので、ぜひ見てほしい。

赤いボールと、尻尾の生えたオレンジのボールなど、シンプルなキャラクターを、さまざまな状況でコミカルに動かしていく3DCGアニメーション。キャラクターなどを動かすのに、いかにスピードの変化を付けて、いかに形を変化させるか、という点で非常に優れた作品で、あなたが優れた動きを付けようとする時、間違いなく参考にするべきアニメーション!

アニメーションを制作したのは、スペイン(Spain)のバルセロナで活動している、Josep Bernausという男性。3DCGで独自のコミカルな世界を描いた、JOKEBOXというシリーズなどを制作していて、他にもコミカルなアニメーションを数々制作しているので、他の作品も紹介していけたらと思っています。

Hello! - Josep Bernaus ▶

''I Like To PLay''の画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

EA Alice 'The Madness Returns' Trilogy : Shy The SunROSAPerihelionMURDER

バイオレンス系
アニメーション4

バイオレンスというのは、映画やゲームなどで普通に描かれている要素で、人間が奥底に抱えている動物的な本能なのかもしれません。血があふれたり人が死んだりという表現が苦手な人もいるかもしれませんが、バイオレンス表現の向こうには描きたいテーマがあるわけで、バイオレンスとテーマの関係を理解することが重要です。