KARA

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

生産されたばかりのアンドロイド KARAが、品質のチェックを受けているというアニメーション。物語の見所は、アンドロイドの KARAが自我を持ってしまっているという点で、後半で明らかになる。アンドロイドの首から上の動きは、実際の女優さんに演技してもらって、それをモーション・キャプチャーによって3DCGに取り込んでいて、アニメーションとしての魅力は、むしろアンドロイドを組み立てているロボットアームの動きのほうかもしれない。

アニメーションを制作したのは、フランスのパリに拠点がある Quantic Dreamというゲーム開発会社。Heavy Rainなどのゲームを開発したところで、最近ソニーが買収しました。

Quantic Dream ▶

KARAの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

The Ball UnleashedUnreal Engine 4 Elemental DemoWorld of Warcraft: Mists of Pandaria Cinematic TrailerDreamHallmark - Mother BirdCoke 2012 Commercial: "Catch" starring NE_Bear

リアル3DCG系
アニメーション6選

現実世界のようなリアル3DCG系アニメーションは、デジタル技術が進歩した現在でも大変な労力を必要とします。高い能力や経験を持った専門家たちが集まって作られる作品は、優れたチームがあって実現できるものです。高度な技術が集めて作られた質感、光、キャラクターなど、見るもの学ぶものが豊富にあるアニメーションです。