Last Meal

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

絵を描くというアート表現に、時間という次元を加えることで生まれた、不思議なアニメーション。白と黒というシンプルな色彩の中に、作者の観念と思考が生々しく表現されていて、効果音がそれを強調してる。どのようにアニメーションが作られたのか調べてみると、どうやら白線は修正液で書かれているらしくて、修正液で少し描いてはスキャナーで画像を取り込むという作業をくり返したようである。

アニメーションを制作したのは、アメリカのボストンで教育関係のお仕事をしている(らしい?) Jake Friedという男性。同じ方法で作られたアニメーションが他にもあるので、興味のある人は彼のサイトへ行ってみてください。

Jake Fried ▶

Last Mealの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

EA Alice 'The Madness Returns' Trilogy : Shy The SunROSAPerihelionMURDER

バイオレンス系
アニメーション4

バイオレンスというのは、映画やゲームなどで普通に描かれている要素で、人間が奥底に抱えている動物的な本能なのかもしれません。血があふれたり人が死んだりという表現が苦手な人もいるかもしれませんが、バイオレンス表現の向こうには描きたいテーマがあるわけで、バイオレンスとテーマの関係を理解することが重要です。