motion feel

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

人間の感覚を刺激するということがテーマの、3DCGをうまく利用したモーション・アニメーション。登場する人間の頭部、骸骨、脳ミソ、マネキ猫などは3DCGで作られていて、モーションの動きと音楽がぴったり合っていて、かなりレベルが高い。アニメーションを制作したのは、日本人のShinji Inamotoという男性。あれこれ調べてみたけれど、残念ながら何処でどんなことをしている人なのか、わからなかった。

3DCGのモデリングをしているのは、日本人の Hironari Okadaという男性。2012年から東京でCGデザイナーとして働きはじめたようで、Twitterとブログを見つけたので、興味のある人は行ってみてください。音楽を制作しているのは、フランス人アーティストの Thiaz Itchという男性。音楽だけでなく、アートなどでも個性的な表現をしているみたいです。

okadabako ▶
Hironari Okada ▶
Thiaz Itch - HOME ▶

motion feelの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

Bendito Machine IV - Fuel the MachinesHINODEHide & SeekThe Caketrope of BURTON's TeamPeter Clark CollageThe Loner

アート&デザイン系
アニメーション6選

アニメーションというのは制作するのに大変な労力がかかるので、数年前まではアートやデザインの表現として、あまり適していなかった。ところが、デジタル技術の進歩や技術者とのコラボレーションによって、アートやデザインの表現としてアニメーションが作られるようになっている。ますます注目される分野になるだろう。