Nihonbashi Koukashita R Keikaku

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

日本アニメーションの良いところと、動きとアイディアのすばらしさが見事に融合しているアニメーション。最近かなり一般的になっているVOCALOIDとして発表された楽曲のミュージックビデオとして、制作されたものらしいのだが、残念ながらVOCALOIDについて無知なので、うまく説明できなかったりして... どれぐらいの制作期間で作られたのかわらかないけど、物語があって内容がしっかりしていれば、より広く世界の人たちへ訴えかける作品になった気がする。

アニメーションを制作したのは、日本の東京で活躍している Takuya Hosogane、Takuya Mitomiの2人。これからの活躍が期待です。

IA-ARIA ON THE PLANETES ▶
IA Project Web ▶

Nihonbashi Koukashita R Keikakuの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

Omega Watches "Co-Axial world"VIEWSTER Ad EnglandLet's Talk About Soil - EnglishVolvo Group corporate film 2011 Shaping another future

PR系
アニメーション4選

自分たちの事業、商品、サービス、活動などを誰でも理解できるように紹介しPRするのに、アニメーションが絶好の表現であることは間違いない。YouTubeなど動画共有サイトの登場によって、誰でもがCMより安価にさまざまなものをPRできるようになっている。PR系のアニメーションは、今後さらに成長するだろう。