PLAY

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

古めかしいロボットがお掃除をしていると、つり下げ型の最新ロボットが、一緒に遊ぼうよと誘う3DCGアニメーション。アニメーションを見てもらえればわかると思うけれど、どんだけピクサー(PIXAR)好きやねん!というぐらいに、ピクサーのアニメーションの影響があちこちに見られて微笑ましい。レベルの高い技術はあまり見られないが、よく考えられた物語、優れた映像演出と効果音によって、内容をしっかり描くことに成功している。

アニメーションを制作したのは、Paul Hortonという男性。プロとしてお仕事もしているようなのだが、残念ながら彼のサイトを見つけることはできませんでした。他にも、FacebookやLinkedInなどでも調べてみましたが、やはりダメで、同姓同名の有名なイラストレーターとはまったく関係ないようです。

Paul Horton on Vimeo ▶

PLAYの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

Lying In The SkyMonsterboxThe Girl and the FoxThe Reward

ドラマ系
アニメーション4選

ドラマとは、キャラクターが動かす物語から生まれるものであり、優れたドラマは観る人の感情を動かして、心へ訴えかけます。アニメーションを作るのは大変な作業ですが、映像のすべてを自分たちで作れるので、物語をより自由に効果的に表現することが可能です。優れたドラマは時代や国境を越えるものであり、常に求められています。