SubWars

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

かなりスプラッター表現が使われているので、苦手な人は見ないほうが良いかもしれない。ちなみに、エンドロールが終わった後にもスプラッターなラストシーンがあるので、最後の最後まで見てほしい。中国の教育と技術の高まりをとても感じる、良くできていて内容もおもしろいアニメーション。登場するさまざまなキャラクター、戦闘シーン、古びた感じの映像と世界観、どれもがすばらしい!
アニメーションを制作したのは、中国のペキンにある Communication University of China(中国传媒大学)の学生とその協力者たち。監督をした中心人物は Seansoong(宋尚)という男性で、中国のマナーの悪さに怒りを感じて、このアニメーションを作ったそうです。

中国传媒大学 ▶

SubWarsの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

Bendito Machine IV - Fuel the MachinesHINODEHide & SeekThe Caketrope of BURTON's TeamPeter Clark CollageThe Loner

アート&デザイン系
アニメーション6選

アニメーションというのは制作するのに大変な労力がかかるので、数年前まではアートやデザインの表現として、あまり適していなかった。ところが、デジタル技術の進歩や技術者とのコラボレーションによって、アートやデザインの表現としてアニメーションが作られるようになっている。ますます注目される分野になるだろう。