Taxi and I Know It (Pencilmation #25)

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

鉛筆で書いたシンプルなキャラクターが動き出して、さまざまな出来事を起こしていく手書き(Drawing)アニメーション。キャラクターの行動に対して、作者が鉛筆を使ってイタズラをしていくところが、このアニメーションの最大の魅力。シンプルなキャラクターではあるけど、出てくるアイディアがユニークで、物語が進んでいくのに従ってキャラクターがかわいく思えてくるから不思議。

アニメーションを制作したのは、アメリカ(USA)のアトランタで活動している Ross Bollingerという男性。今回のアニメーションのようなものを Pencilmationと呼んでシリーズ化していて、2012年10月1日現在で、28作品が作られている。自分の作品をネットで公開して、自分をブランド化していくのは、これからのアニメーション作家が生き残る1つの道なのかもしれない。

Pencilmation ▶
Ross Bollinger Animation ▶

Taxi and I Know It (Pencilmation #25)の画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

EA Alice 'The Madness Returns' Trilogy : Shy The SunROSAPerihelionMURDER

バイオレンス系
アニメーション4

バイオレンスというのは、映画やゲームなどで普通に描かれている要素で、人間が奥底に抱えている動物的な本能なのかもしれません。血があふれたり人が死んだりという表現が苦手な人もいるかもしれませんが、バイオレンス表現の向こうには描きたいテーマがあるわけで、バイオレンスとテーマの関係を理解することが重要です。