The Boy Who wanted to be a Lion

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

耳が不自由で、家でも学校でも孤独を抱えている少年が、動物園でライオンを見た瞬間から、自分もライオンになりたいと考えるDrawing(手書き)アニメーション。家族の協力を得て、少年がライオンの格好をするところまでは微笑ましいのだが、少年がライオンのような行動を貫きはじめて、問題が起こりはじめる。

悲劇というのは昔から作られたきた物語の1つで、人間の愚かさや、人間社会が抱えている矛盾や不条理を描き出すことができる。悲劇が優れた物語として昇華できるかどうかは、物語が終わった後で、観客に考えさせる何かが残るかどうかだと思うのだが、このアニメーションはそれに成功している!

アニメーションを制作したのは、ブラジル(Brazil)のサンパウロで活動している SINLOGOという会社。イギリス(UK)にある専門学校、National Film and Television Schoolと提携してアニメーションを制作したようで、これからの活動に注目です。

The Boy Who wanted to be a Lion - ▶
SINLOGO ▶
National Film and Television School ▶

The Boy Who wanted to be a Lionの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

The Ball UnleashedUnreal Engine 4 Elemental DemoWorld of Warcraft: Mists of Pandaria Cinematic TrailerDreamHallmark - Mother BirdCoke 2012 Commercial: "Catch" starring NE_Bear

リアル3DCG系
アニメーション6選

現実世界のようなリアル3DCG系アニメーションは、デジタル技術が進歩した現在でも大変な労力を必要とします。高い能力や経験を持った専門家たちが集まって作られる作品は、優れたチームがあって実現できるものです。高度な技術が集めて作られた質感、光、キャラクターなど、見るもの学ぶものが豊富にあるアニメーションです。