Uneasiness and triangle

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

タイトルにある uneasinessとは、"胸さわぎ"や"不安"などの感情を意味する言葉で、作品を通して主人公の少女が抱えている世界との関係性が描かれている(と個人的には思う)。手書きで作られたキャラクターや図形はとてもシンプルだが、書き込み、動き、色彩などがとても良くできていて、手書きで作られたアニメーションの魅力にあふれている。全体を通してかなり抽象的な印象が強いので、普通のアニメーションとして見ると、訳が分からないかも。

アニメーションを制作したのは、日本人である Masanobu Hiraokaという男性。他にも優れたアニメーションを制作しているので、他の作品も紹介していきたいと思っています。

Je Regarde - Masanobu Hiraoka ▶

Uneasiness and triangleの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

In-BetweenHMV Christmas tales50 Jahre OrionRéflexion

コメディー系
アニメーション4選

人を笑わせるというのは、センスやアイディアが必要となるもので、映像だけで実現しようとするのは簡単ではありません。緊張と緩和、とにかくバカバカしい、独特のユーモアなど、笑わせる方法もさまざまです。とかく厳しい難しい社会で、人を楽しませようと作られたコメディー系アニメーションは、存在自体なかなか素敵です。