X Games 2012 - Takeover

S-Star-32.pngS-Star-32.pngS-Star-32.png

アメリカのスポーツ専門チャンネル ESPN(Entertainment and Sports Programming Network)が、X Gameと呼ばれているスポーツのチャンネルを宣伝するための手書き(Drawing)&3DCGアニメーション。X Gameをしている選手の実写映像に、架空の世界観やキャラクターを加えることで、そのスゴさや魅力を効果的に見せていて、とてもおもしろい。特に目玉キャラクターが乗っている車が良くて、イマジネーションにあふれている。

アニメーションを制作したのは、アメリカ(USA)のニューヨークとロサンジェルスに拠点を構えている Buckという会社。Drawingと3DCGをうまく融合させたアニメーションを作るのが得意みたいで、このサイトでも素晴らしい作品をいくつも紹介しています。

ESPN ▶
X Games ▶
Buck ▶

X Games 2012 - Takeoverの画像

Updated animations in this week

Nike Hypervenom predator animationのリンク画像Nike Hypervenom predator animationのリンク画像

Reachのリンク画像Reachのリンク画像

Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像Alguna Cosa Més (TV3, Súper3)のリンク画像

RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像RAYMAN LEGENDS TRAILER E3のリンク画像

Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像Hiatus - We Can Be Ghosts Now (feat. Shura)のリンク画像

EA Alice 'The Madness Returns' Trilogy : Shy The SunROSAPerihelionMURDER

バイオレンス系
アニメーション4

バイオレンスというのは、映画やゲームなどで普通に描かれている要素で、人間が奥底に抱えている動物的な本能なのかもしれません。血があふれたり人が死んだりという表現が苦手な人もいるかもしれませんが、バイオレンス表現の向こうには描きたいテーマがあるわけで、バイオレンスとテーマの関係を理解することが重要です。